首都圏を中心に、無料相談・土地探し・設計・デザイン・工事監理をする建築家の住宅設計事務所です。これまで二世帯住宅、リフォームの実績が多く、二世帯住宅・シンプルモダンが得意。


by tsutomsatow100

カテゴリ:yanesen soul food( 5 )

さっと見渡すと、根津には蕎麦屋や寿司屋も多いが中華料理店も多い。
事務所の並びにもよくいく海上海(ハイシャンハイ)がある。
千代田線根津駅から千駄木駅間の不忍通りには思いつくだけで6店舗。
言問通りには個性的なオトメもある。
いわゆるガッツリ系の中華には事欠かないし、どこも優劣をつけがたい。
f0193076_12373860.jpg

それでも最近のお気に入りは「ひろ武」という横浜中華街を思いださせてくれるお店だ。
照明の落された店内は穏やかで落ち着きがある。
ランチではスープに飲茶にデザートのセットがオススメ。
下町らしさのなかでもちょっとコジャレた感じが、それでも根津っぽく思うのだが、いかがでしょうか?
f0193076_12374170.jpg


ひろ武:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13030945/




土地探しからの家づくり、お気軽に声をかけてください。
f0193076_10164048.gif  f0193076_10162912.gif



  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  
[PR]
by tsutomsatow100 | 2014-03-27 12:46 | yanesen soul food | Comments(0)
 新橋の駅の南側つまり山手線の外側に新橋駅前ビル1号館という昭和な感じのビルがある。汐留がにぎやかになってからはパナソニックのショールームにいく近道としてその1階を通っていくのだが、そこに巴裡小川軒がある。硝子の大きなウィンドーに金文字で記された店名がなんとも素敵である。ここのレイズン・ウィッチはつとに有名だが、焼き菓子の詰め合わせも顔がほころぶ。フロランタンというフランスの焼菓子を知ったのも小川軒だ。ウィキによると“フロランタン(仏: florentins)はフランスの菓子。フロレンティーナシュニッテン(ドイツ語)とも呼ばれる。カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから伝えた菓子。『フィレンツェの菓子』という意味である。クッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類(多くはアーモンドスライス)をのせて焼き上げてつくる糖菓”とのこと。
f0193076_10151016.jpg

 で、そのフロランタンに負けないのが谷根千へび道にあるアトリエ・ド・フロレンティーナ。ここのフロランタンが今回のソールフード。手土産や頻繁に購入させてもらっているが、バリエーションが楽しい。季節のものをつかったフロランタンは、かわいらしい小箱に入れてもらいオミヤにする。女性陣だけでなく年配の男性からもすこぶる評判がよい。女性がおひとりで切り盛りするお店で、気持ちが行き届いていてとても感じがよい。今回も今週末にちょっとした集まりがあるので5セットほど予約をお願いした。キャラメルの香り、そしてサクサクというかザクザクというか、キャラメル感というか、幸せにしてくれる。これがあるとおいしいコーヒーのためにきちっとドリップしたくなるのである。ちなみに(うそかほんとうかしらないが)定休日がかわいい。
f0193076_10151844.jpg


ぜひ家づくりに関する無料相談会にいらしてください。
 あいかわさとう建築設計事務所

f0193076_11341536.jpg

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by tsutomsatow100 | 2011-12-06 10:18 | yanesen soul food | Comments(0)
f0193076_15111324.jpg

 綱島商事の林さんからも推薦されていた一寸亭(ちょっとてい)にやっと行ってきた。JR日暮里駅から夕やけだんだんで猫たちに別れを告げながら谷中銀座へ。商店街がもう終わろうかというちょっと手前に金吉園というお茶屋さんがある(ここも素敵な場所なのでそのうちに紹介したいのだが……)。その角を曲がると谷根千らしい路地がつづく。いくらもいかずにちょっと気になる看板がある。一寸亭である。名物はもやしそば。甘辛のあんにからまるもやしは美味で、お店のホームページによると
……もやしのシャキシャキ感と、あんのとろみのハーモニー。もやしのシャキシャキ感を残しながら、コクのあるすっきりとしたあんかけスープとの相性は絶妙です。
とのこと。瓶ビールで餃子をたいらげてから「もやし!」って注文する城東地区らしいおいちゃんたちに混じって、並んでいるお客さんの視線が背中にささりながらやけどもをものともせずにたいらげたとさ。
f0193076_15111646.jpg

f0193076_11341536.jpg

無料相談会に参加しませんか! あいかわさとう建築設計事務所
[PR]
by tsutomsatow100 | 2011-09-14 15:14 | yanesen soul food | Comments(0)
 インターネットで[根津 ソールフード]で検索したら予想通り、根津のたいやきがでてきた。不忍通りを根津神社の交差点から北上すると、すぐにこことわかる行列ができている。行列が出来ていないときは残念だが本日の営業が終了しているか、休業日。柳屋高級鯛焼本舗。最近はしらないが、かつてお昼ぐらいにいって、ドラマ「新参者」の阿部ちゃんのように本日分終了というので並ぶ事すらできない憂き目に何度となくあった。


 なかなか立派なたいやきだ。お土産用に最適。包み紙もかわいく、熱気抜きの穴も好感が持てる。ソールフードはやはりソールフルな包装紙でなくてはいけないのではと思う。
f0193076_9301196.jpg

 鯛の形で餃子のような薄皮一枚小さくしたあんこを想像して欲しい。中身というか、ずっしりとしたあんこが鯛の形をした薄皮でくるまれているという豪華さ。個人的には三枚下ろしにした半身で満足感が得られそうである。おみやで召し上がりたい方、リクエストください。今度お持ちします。
f0193076_9301151.jpg


ブログランキングバナーのワン・クリックお願いします。
f0193076_11341536.jpg にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
家づくりに関する無料相談会に参加する! あいかわさとう建築設計事務所
[PR]
by tsutomsatow100 | 2011-06-30 10:45 | yanesen soul food | Comments(0)

f0193076_8195221.jpg

 文京区を南北に縦断する不忍通りには、古くからのお店が多い。もちろん、谷根千での話。古美術商やお茶屋、たいやき屋、漬け物屋にまじって気になっていたお店がある。この辺りに何店舗かあるお稲荷専門の寿司屋。藍染めののれんは架かったり架かってなかったりしているので、営業はしていそうなのだが、スリガラスの中の闇は深く、敷居は高い。ガラスケースにはお稲荷とのり巻きの見本がならぶが、のれんのお稲荷さんという記述がなければ夜逃げした店舗の前に出しっ放しで何十年も経った鑞見本という風にしか見えない。そこから両手に山ほどの包みをもったおばさんが店の中からでてきたのだ。なぜか割烹着? でも、営業している! 躊躇しているうちに、普通の感じのおばさんが店に入ろうとしている。チャンスである。中をのぞくといけそうだ……ということでゲットした。盛り合わせ300円なり。グルメブログではないので味については内緒。でも、また買いにいきたい気になります。
f0193076_8195086.jpg


ブログランキングバナーのワン・クリックお願いします。
f0193076_11341536.jpg にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
家づくりに関する無料相談会に参加する! あいかわさとう建築設計事務所
[PR]
by tsutomsatow100 | 2011-06-18 08:20 | yanesen soul food | Comments(0)