首都圏を中心に、無料相談・土地探し・設計・デザイン・工事監理をする建築家の住宅設計事務所です。これまで二世帯住宅、リフォームの実績が多く、二世帯住宅・シンプルモダンが得意。


by tsutomsatow100

リフォームが3倍楽しくなる方法/455

根津のリフォームの現場はマイペースで進んでいる。
リフォームは、はじめて見ないと分からないところが多く、その準備が必要であるということは先に書いた。
丁寧に、慎重に、そして感覚を研ぎすまして現場に入る。
僕ら建築家にとって、良い意味でも悪い意味でも、建築の現場に携わるのは楽しいことだ。
その現場をもっと楽しむために、事務所に戻っても、これからでもできることはないかと考えたりもする。
現場が進むのは完成に近づくのだからうれしくもあるが、終わってしまうのはどこか寂しい。

とはいえ、現場は粛々と進んでいるのだ。
リフォームの現場は構造部分の施工が完了してくると、実は少し安心できるタームとなってくる。
一気に現場が建築らしくなってくるのである。
僕らの仕事は、まずは並行して行われていた上下水道や電気の配管・配線のチェックである。
指示通り施工されているのか確認し、是正があれば速やかに指示をする。
この時期になってくると日々めまぐるしくいろいろな職方が出入りし、姿が変わっていく。
f0193076_12335591.jpg

まずは大物のユニットバスの搬入・組み立てである。
工期を可能な限り短縮したいリフォームの現場ではお風呂はユニットバスのことが多い。
新築と違い、現場をユニットバスにあわせるのではなく、その逆となる。
現場の寸法に合わせて微調整が必要となる。
f0193076_12335328.jpg

このタイミングになると床板(フローリング)が施工され、さらに住宅らしくなってくる。
そして造作の家具づくりがはじまる。
今回の現場ではキッチンに面してダイニングのカウンターを造り付けとした。
無垢の厚い板は見た以上の贅沢仕様で今回の目玉の一つである。
f0193076_12335158.jpg

洗面のカウンターも同じ仕様としている。
この板の上に洗面器が設置される。
塗装屋さんがなかなかの技術があり、気持ちのよい丁寧な仕事してくれた。
仕上がりを本当にみていただきたいところ。
f0193076_12335069.jpg

造作家具はつづく。
ちょっと細かいが、ちょっとした棚をつくるのもこのタイミング。
吊り戸棚だとちょっと大げさだけれども、ちょっとした物を置く棚は必要って感じで棚をつくった。
住み出してみると、絶対重宝する。
細かいことのようだが、僕らは、かゆいところに手が届く感じで設計をしているのだ。
f0193076_12334798.jpg

そうこうしているうちに建材屋さんが玄関の引戸を納品しにきた。
用途やコスト・納期などを考えて既製品(今回はパナソニック)の建具をチョイスすることもある。
既成品の方が安価なこともあるし、施工の手間がかからないこともある。
スピードと丁寧さの両立がリフォームを成功させるポイントである。



夢のある住宅模型展
■会期
2014年2月27日(木)~3月4日(火) 10:00〜17:00
■会場
東京ガス多摩ショールーム
〒190-0011 東京都立川市高松町2-39-20
TEL: 042-528-4505 開館時間 10:00〜18:00
□展覧会について
http://www.tg-showroom.com/tokyo-gas/event/?scn=result&id=3591
f0193076_1131660.jpg





土地探しからの家づくり、お気軽に声をかけてください。
f0193076_10164048.gif  f0193076_10162912.gif



  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  
[PR]
by tsutomsatow100 | 2014-02-18 12:37 | 日中雑感 | Comments(0)